「いや、別に思ってないけど……」

 

今あなたはそう思いましたね?

 

僕にはお見通しです。

 

まあ、聴いて下さい。

 

まま、あることですが、蟹や海老が提供される際に発生する。

殻ごとじゃねぇか問題

 

多くの場合、鍋やおせちなどにも起こりうることだ。

 

僕は食べることが好きだ。

 

しかし、手間を要する食事が嫌いだ。

 

例えば 手羽先 手巻き寿司 果ては、しゃぶしゃぶや焼肉まで

 

味は大好きだ。

 

だが、妙な一工程が入ることによって憎むべき敵へと変わる。

 

手羽先?

 

手がベタベタじゃねぇか!

 

手巻き?

 

っせぇ!

 

なんで俺の手元で料理完成なんじゃ!

 

しゃぶしゃぶ?

 

生肉をしゃぶしゃぶした箸で食うの?

 

お腹痛くなっちゃうでしょ!

 

焼肉?

 

死ね!

 

こんな奴がいたら楽しい時間が台無しである。

 

ここで立ち返るが八宝菜だ。

 

蟹の半身が殻ごと入っているのだ。

 

手羽先や手巻き寿司は、まぁ、そういう物と納得できる。

 

だが、八宝菜……

 

手……か……?

 

熱々、とろとろの餡に指を突っ込むのか……?

 

箸で頑張ってみるのだが、

 

蟹:「ムリやって……」

 

太刀打ちできん!

 

恐ろしくて、僕は店員に聞くことが出来ない。

 

「はい、そうですよ」

と言われた日には今後、火傷をテイクアウトをすることになる。

 

なので、僕は毎度当て付けのように殻ごとかみ砕き、エキスを吸出すという荒業をしている

 

完全に深海生物の捕食方法である。

 

僕:「ゾヂュー! ゾヂュー!」

 

店員:(この貧乏豚。蟹を知らないのかしら……?)

 

いったい正解の食べ方はなんなんだ!?

 

誰が答えをくれ!

 

 

 

 

 

 

おそらくバックヤードで『妖怪:蟹吸い』と呼ばれいると思います……

 

 

 

 

 

人気ブログランキング